2016年8月25日木曜日

23.夏だった

青木です。
夏もなんだか終わってきた感じがしていて、もはや2016年も終わったかのような心地。
でも夏はなんだかセンチな気持ちともに気分下がるから少し助かるなぁとも思います。

というわけで、夏っぽい曲を作り、このまえウェッブにあげた。
SoundcloudのみならうずYoutubeアカウントにも曲をあげてみたので、今回はそれをはっつけてみたいと思う。再生回数はまだ一桁だ!

   

個人的には先ほど申し上げた気持ちを体現してしまった気がしなくもない。
この夏、感じたことは刺激みたいなものは最果てがなく、それなりにちょっとやばいな〜という感じ。夏の刺激は割と強いんで、そういった考えに至ったようだ。
結果的になんとなく、さりげなく自身のセンスを低刺激で足るように仕向けていきたいなぁという刺激を自身に注入している矛盾であーる。
この曲は結構勢いに任せて作った感があり、個人的には刺激が強いので、自身で音とかをチェックする際にハラハラしていた。
音楽とはかなり刺激をもたらすもんだが、低刺激なやつってどんなだ。

その辺をちょっと考えている。

その辺のことでもってCDを作りたいなあとも考えている。

それで、結局この間サマソニの夜に行って、かなり刺激的だったので、やっぱりこれだな!とも思ってしまった。

自己矛盾を抱えながら生きるのも己であることよ。人間はコンピュータじゃないやい!などと思いながらも結果的に、かなり濃いめな、1か0か的議論に陥るあたり、どうかしたいところのものであるのだった、という夏だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿