2015年10月31日土曜日

150

アマゾンプライムの会員なのだが、映画見放題のプランが新たなサービスとして始まったようだ。プライムビデオ。
映画の数こそまだそんな多くないみたいだが、これは楽しそうだ。
見たい映画なんかを片っ端からウォッチリストに入れていっていったところ、以前ブログでも紹介した劇場版のゲゲゲの鬼太郎もあった。
もちろん中国妖怪チィがでてくるやつである。

思わず全て見てしまったが、やはり面白いな。
再三言っているが、ロードオブザリングとかこの辺から懐妊したんではないのか?
というくらいの日•中わらわらバトルが繰り広げられる。
改めて見ていると劇中のギターはかなりハードであり、時代をしみじみと感じた。良いです。あと小泣きじじいと戦った妖怪は必ず真っ二つになって死ぬ。
映像自体そんなにきれいではないのだけど、なんというか昔からそういうローファイさというか、80年代アニメの色味みたいなものは好きだった感がある。傾いたガキだったのだ。
ついで小学校の夏休みの自由研究で妖怪調べた冊子作ったのを思い出した。
水木先生の影響を確実に受けているな。


妖怪といえば本日はハロウィンらしい。
だいぶ日本にも根付いてきた感がある。コスプレ的なカルチャーも随分一般的になってる感もなんとなくあるので、まあ納得でもある。
昔はそういうのはあまり好ましく思わなかったが、最近は寛容である。
みんな漫然とした日々を楽しく彩っているのだ、まあそれはいいことである。個々人のクリエイションよ、せめて爆発しろよな。

しかしながらやはり軽薄な感じもしてしまうわけであり、苦手だ。
今日久々にあった知り合いのおじいさんは「全てものごとの起こりはエログロだかんな」みたいなこと言っていた。まあ、なるほどねぇ。

0 件のコメント:

コメントを投稿