2015年8月30日日曜日

134

長らく更新が滞っていて、たいへんすまなく思う。
というのも裏日本は能登半島、石川などに行っていた。 日本海は寒い感じというか死の臭いがするというか、その名の通り日本人の心を揺り動かす、静かな激情を感じる気がしなくもない。
金沢や輪島なんかに行った。
いろいろと評判の高い金沢21世紀美術館は観光地だなという感じ、どこもかしこも写真をぱしゃぱしゃ。まあ俺も撮ったが。正直少々残念であった。
一方近場の鈴木大拙記念館は良かった。仏教的世界感なのかはわからんが、まったく何も主張してこない。知りたいやつは自分で調べやがれ的な雰囲気、そしてさまざま考えるに十分豊かな空間が広がっており、かなり旅のダイジェスト的な部分である。
ついでにいうと輪島の漆芸美術館もすばらしかった。企画展示もおもしろかったし、輪島塗の制作行程とかそういうのを触りながら確認できるというのが特に良かった。あほ丁寧なモノ作りの過程を追体験できた心地。さりげなく置いてあるプラ容器と輪島塗の比較なんかも良かった。プラじゃ厚みが均一になってしまうんだって!
NHK連ドラ見てなかったけど良い旅だったよ。

青が深い気がする。黄色に合う。

0 件のコメント:

コメントを投稿