2015年4月22日水曜日

60

全く予期していなかったが、今日はここ数年探し続けていたカスガイのミルクスモモキャンディを発見した。誇張でなく、本当に探していたんだから。
どうやら名前は『花のくちづけ』であったみたいだ。
いつも行かない側の100円均一ショップに売っていた。

祖母の家の近くの美容院においてあったのが最古のイメージであり、それ以降どこで食ったのかは分からないのであるが、近年むしょうに食べたくなって、ちょいちょいいろんなとこをチェックしていた。

カスガイのだと貝殻の形をしたのど飴(それなりにおいしい)みたいのばっかり置いてあり、このミルクスモモキャンディはどこにもなかったのだった。

名前からして本当にうまそうである。実際にけっこうおいしい。

しかしながらパッケージは俺の記憶にあるものと異なっており、存外にチープだった。
どこかで変容に迫られてしまったのでしょうな。残念。

遠目に発見したときにはマジに震えたが(大体飴玉は店に入ってすぐくらいにある)、実際手に取り、食べてしまったらまあこんなものか、といった感じ。
割と好物な体験をまた一つしてしまった印象である。


0 件のコメント:

コメントを投稿