2015年4月21日火曜日

58

いつのまにやら不定期更新になってしまっている。
いろいろあります。

最近読んでいる本、『典座教訓』。
道元が書いた本である。
実家帰った時、父親とかといろいろ話していて知ることとなった。
いろいろ面倒くさいことを割愛すると(たぶん俺には理解できていないことも多々あるのだろう)、ご飯をどう作るか、というもの。
たぶん、どう食うか、みたいな話もある。
我々は食べねば生きていけないのであるが、で、そこをどうする?的な感じもたぶんある。

ほぼ自炊をしない俺ではあるが、本当にこれでよいのか、と割と思っている。
時々食べ物のパッケージの裏とか見ると、知らぬものがたくさん入っていたりして、なるほど、これがおいしさの秘訣なんだ!と思う。

別に食べてもまずいものではないので使用されているのであり、みじんも否定する気にはならないのだけれど、最近の俺は素朴さみたいなものにあこがれてしまうのである。

料理とかは食ってる割にあまり考えなかったなァと思う。

この前行ったバリ島では、上裸の屈強な男たちは自らの手で豚をさばいていた。
俺はさばくことができない。

和食の場は常に清潔であり、手際がすごい。
始まりと終わりがすごい明確な感じがするし、まさに片をつける感じがすごい。
ぱきぱきっとしていながら、一連の流れは非常にスムーズであり、境目どこだよ、といった印象がある。
完全に想像だけで語っている。

福砂屋のカステラも久々食ったが、うますぎた。

うまいものは食えたにこしたことはないから、料理スキルは完全に重要である。
いまのところ、私にはなにもないが、全ては平屋に住めば解決するのではないか、と思っている。

   

0 件のコメント:

コメントを投稿