2015年4月10日金曜日

54

今日は地元の歯医者へ。
普通の検診は10年ぶりくらいである。
診察券が古すぎてカルテがありませんと言われた。
親知らずに虫歯が見つかって、治して頂いた。
親知らずは抜きたいと考えていたが、そこを治療するとは、我ながら複雑である。
終了と同時に新しい診察券ですといってニヤリと笑った受付のおばさん(自分よりもけっこう年上だと思うので、失礼を承知でこう表現しました。)はどこか誇らしげで、良い顔をしていた。

というわけで実家に帰ってきているのだが、俺が高校生のときに右も左もわからず購入して実家においたままになっていたIbanezのギターがすごくひきやすい。
Ibanezとは割とテクニカル系の方々が愛用する日本の楽器メーカーであるのだが(海外テクニシャンズからも圧倒的支持を誇る)、我らがバンドの感じとはちょっと違うので使用はしていない。
しかし録音用とかに一本あったらよいだろうなあ、と思う。けっこうパワーもありそうだ。

実は今年はギターを始めておよそ10年のアニバーサリーイヤーなので、なんか記念になる一本を手にしたいなあとは考えている。
そんなやってるのに、始めて3年くらいの頃から正直あまり上達していない。

0 件のコメント:

コメントを投稿