2015年4月8日水曜日

51

うっかり更新を忘れた。人間ですから。

昨日は銭湯へ行きました。
昨日の銭湯はなんだかシャボン玉が噴射されたり、そこが七色に光っていたりして、正直全く風情みたいなものはなく、がっかりであった。
しかしながら、改めて銭湯内を見回してみると実にさまざまな風呂があることに気がつき、おもしろかった。
どこのニーズからあらわれたの、お前。的なものも多そうだ。
今度いろいろ収集してみたい。

自分でも驚くほど風呂ネタが続くが、思うことには俺はやはり風呂から恩恵を受けておるのだ。
それは青春に遭遇した数々の危機から救ってくれた存在でもある。
俺にとって風呂は考える場であり、創意工夫の場でもあった。
そう、常に俺の成長に寄り添っていたのだ!親か!!

いつかは感謝の念でもってお風呂に対し何かしらの貢献的アプローチをとりたいと思う。

明日からも暇をみては風呂ネタになりそうである。

0 件のコメント:

コメントを投稿